経皮毒

経皮毒

経皮毒とは、有害な物質が皮膚から身体の中へ入ってくる現象です。

 

その有害な化学物質は、私たちのごく身近にあるシャンプーやハンドソープ、化粧品、ハミガキ粉などに含まれています。

 

これらの品の成分表記を見ると、ウリル硫酸ナトリウム(トリエタトルアミン,TEA)、プロピレングリコール(または、PGと記載)といった合成化学物質の名前があります。

 

しかしプロピレングリコールは、危険物扱いの合成化学物質であり、またラウリル硫酸ナトリウムは、付着は、厳禁とされる猛毒扱いの合成化学物質で、取り扱いには防毒マスクと防護服の着用が義務付けられています。

 

どれもこれも入っている量は、微量で飲み込むものではなく、洗浄剤ならば最後に洗い流します。

 

だから問題ない、ということがいえるでしょうか?

 

経皮毒は経口毒の約100倍から1000倍の毒性が含まれている言われています。
農薬がついた野菜や食品添加物など、毒性がある食品を食べて有害化学物質による毒性(経口毒)が、その場合肝臓で90%以上の毒性が解毒されるのに対し、皮膚から私たちの体の中へ有害な化学物質が入ってくる毒性である経皮毒は、肝臓を経由しないので、解毒作用を受けず、便や尿として体外へ排出されないまま、毒性が体内に残りやすいという特徴があります。

 

なぜなら、合成界面活性剤をはじめとした、旧表示指定成分として知られる多くの有害化学物質は非常に分子量が小さく、皮膚から浸透して身体の中に、吸収されるからです。しかも、 分子量が小さければ小さいほど、なんでも経皮吸収されるわけでもなく、そのものの物質が持っている科学的な性質によって、皮膚の表面ではじかれてしまうことが起こる場合もあります。

 

量に対しても通常皮膚の表面に接する量が多いほど、 経皮吸収起こりやすいとされているが、一定の限界があり、温度や濃度、さらに接している皮膚の場所などによっても変わってきます。

 

このように少しづつ経皮毒は私たちの身体を浸食していくのです。

 

スカルプシャンプーなぜ高い?という記事にも書きましたが、化学合成した成分と天然由来成分との違いかと思います。

 

抜け毛や薄毛の原因はこういった成分も要因になっているかもしれません。


経皮毒関連ページ

抜け毛の原因と対策
抜け毛には主に「遺伝やホルモンが影響する抜け毛」、「生活習慣の乱れによる抜け毛」「間違ったヘアケアで増える抜け毛」の3つの原因で起きると言われています。
フケの原因と予防
フケは頭皮の皮脂が心筋代謝によって新しく入れ替わる際に、古い頭皮がはがれたものでできています
なぜ髪は細くなる?コシがなくなる?
髪の太さのピーク年齢、加齢による新陳代謝の衰えからくる毛母細胞の弱り、生活習慣ストレスなど
男の頭皮が臭いのは何故?
「頭皮の匂い、男性の頭が臭いのは何故なのか?、そしてその対策は?」
発毛サイクルからみた抜け毛
毛髪には1本1本に発毛サイクルを持っています。発毛サイクルは大きく分けて成長期、移行期、休止期の3つがあります。成長期は毛母細胞が活発に分裂を繰り返し、髪の毛が成長する時期で、人によって期間は異なりますが、男性が3〜5年程度、女性が4〜6年程度といわれています。
女性から見た男の髪
女性は普段男性の髪をどのように見、そして思っているのでしょうか?女性の目線から解説します。
髪の問題悩まないで下さい
くよくよしても髪の毛の問題はよくなりません。まずはなぜ自分は薄毛なのか、抜け毛が起きるのか、そして頭皮が臭うのか、その原因を突き止める、それが髪の毛に対する最大の対策なのです。

スカルプシャンプー ランキング 各社スカルプシャンプー スカルプシャンプー豆知識 スカルプケアの基礎知識 スカルプシャンプー体験談